ニュース

第12回「応援される選手になれ」小林将(4年)

2022/04/17

平素よりお世話になっております。今年度の副将を務めることになりました、4年の小林将です。

まず最初に、このようなホームページをはじめ、様々な形で応援、並びに支援をしてくださっている角張監督をはじめとしたOB、OGの方々に感謝申し上げます。私たち現役部員がこれらのサポートに対して恩返しする方法は、このように支援してくださっている環境を当たり前だと思わずに、良い結果をご報告することだと思っています。私たち4年を中心に「強い明治」を体現できるよう日々精進していきますので応援よろしくお願い致します。

さて、このブログについてですが、今まで1部の部員が活動の節目にその内容を報告する場として使用させていただいていました。しかし今年度から、毎週日曜日に学年順で1人ずつ投稿していく形を取らせてもらうことにしました。意図としましては、部員1人1人がその時に思っていることを言語化する場を設けることで投稿者自身の考えの整理にもつながりますし、その考えを部員同士で共有すること、そしてOB、OGの方々に知っていただくことが大切だと考えたからです。なので今後投稿する部員には多くの人が見ている場ということを気にせずに自分の素直な気持ちを書いて欲しいということ、そして読んでくださるOB、OGの方には少しでも楽しんでいただければなと思っております。

前置きが長くなりましたが、このブログの本題に入ろうと思います。先週、主将の田中からもあったように今年度の私たちの目標は「団体戦5連覇」です。この目標について考えた時に、チームの全員が「応援される選手」になることが必要だと思いました。

「応援される選手になれ」という言葉は私が2年生の時に健星さんに言われた言葉です。私はこの言葉には「ひたむきに努力を続ける人」、「気配りができる人」の2つの要素が入っていると思います。ウィンドに対してひたむきに努力をすれば結果もついてくる。今年は例年以上に下にあわせるのではなく実力のある選手に合わせた練習をしていこうという話になりました。その中でいかに前だけを見るのではなく時には振り返って周りに気を配れるのか。こういった姿勢を私たち4年が率先して示せるかが大切になってくると思います。今まで3年間を振り返ると、後輩は最上級生を思っているよりも見ているし、それもあってチームの色も最上級生に委ねられています。その意識を常に持ち、最後の1年間、私自身もチームとしても「応援される」ように邁進していきたいと思います

< ブログ一覧へ戻る