ニュース

第37回「桃の季節の日記」堀越あす香(3年生)

2022/07/16

ごきげんよう。日頃よりお世話になっております、3年堀越です。本日は暑さで溶けに溶けた最近の私の報告にお付き合いください。

浪人時代は机に向かう以外に特にやることがないので、私は雑念が無限に浮かんでひたすらノートに書き出していました。(※見せられません)大学生活では、家で落ち着いて考え事をする時間も少なくなり雑念ノートは要らなくなりました。

毎日目の前のやりたいこと、やることを無心に追いかけていると経験が身体を通り抜けていく感じがします。(詳細を忘れちゃうということ)経験は貯まるのに、論理的に自分の意見を発展させていく時間がなくなったのだと思います。それに比例して流れる時の早さを感じます。

最近、無限にない残りの時間を少し考える時間に充てたいと思い、雑念ノートを作りました!頑張って書くようなものでもないと思いますが、今日の気分を忘れてしまうのが勿体無くて、毎日書こうとしてます。でも最後に書いたのがもう既に7/5です!考えることって大事だと思います。本当に。

毎度興味深いことが書けません、、。

皆さま、ますますの酷暑にお身体を崩されませぬよう、どうかご自愛専一にお過ごしください。明治大学体育会ボードセーリング部を応援してくださる皆さまには重ねてお礼申し上げます。今夏もご声援のほど、よろしくお願いいたします。

ごきげんよう。

< ブログ一覧へ戻る